村田食品の玉ねぎ皮茶サプリメントは、たまねぎの皮に含まれる自然由来ケルセチンを配合したサプリメントです。

血液サラサラ効果があると言われるケルセチンを摂取することで、HbA1C値を下げることが期待できますね。

昔から玉ねぎは血糖値を下げる食品として知られています。

玉ねぎ皮茶も人気がありますが、やはり飲みやすいのはサプリメント。村田食品の玉ねぎ皮茶サプリメントは玉ねぎ皮茶と同等のケルセチンを含んでいます。

ケルセチンの効果

ケルセチンとはフラボノイドの一種で玉ねぎなどの野菜に含まれています。

ケルセチンは血流を改善する効果が知られており、動脈硬化を予防する成分として人気があります。

ケルセチンはビタミンPというビタミン様物質の一種です。

主にビタミンCの働きをサポートします。

ケルセチンは優れた抗酸化作用があるので、活性酸素の害を防いだり、血管をしなやかにする効果があると言われています。

ケルセチンがHbA1Cを下げる理由

糖尿病の薬に「メトホルミン」という薬があります。

ケルセチンはこのメトホルミンと似た働きがあると言われ、インスリン感受性を高めるようです。

インスリン感受性が高いと、血液中の糖は細胞内に取り込まれやすくなります。

その結果、血糖値が下がり、HbA1Cも改善されるのです。

さらに、ケルセチンには抗アレルギー作用や脂肪燃焼を促進する効果もあると考えられています。

村田食品の玉ねぎ皮茶サプリメントは原料が違う

村田食品は2000年から玉ねぎ皮茶を販売している会社です。ここまでのロングセラーになっている理由は、その原材料の質の高さにあります。

もちろん普通の玉ねぎとは違い、一般的な玉ねぎの皮より3倍の厚みがある玉ねぎの皮を使っています。

つまり、ケルセチンの量も3倍ということです。

さらに管理体制が徹底されています。

製造はなんと製薬会社で行っているんですね。

コストもかかると思うのですが。

岐阜県にあるアダプトゲン製薬で製造しているようです。

工場への入出は、手洗い・髪の毛の付着・埃の付着がないかを2人一組でチェックし、最終的にはエアー洗浄で体全体を清潔にしてから工場に入るという徹底ぶり。

残留農薬検査(226項目以上)・放射線検査(ヨウソ・セシウム)の検査も実施済みです。

自慢の原材料ですが、無農薬栽培ではないようです。しかし極力農薬を使用しない減農薬栽培によるもの。

残留農薬検査でも残留農薬は一切検出されていないようなので安心です。

 

ケルセチンの効果を手軽に摂り入れることができる村田食品の玉ねぎ皮茶サプリメントを購入するにはこちらから