糖分をブロックしてくれるお手頃価格のギムネマサプリ

DHCの「ギムネマ」は、ギムネマから抽出したエキスを1日目安量あたりに702mg配合したサプリメントです。

甘いものや炭水化物たっぷりな食事をする前に摂取するのがおすすめです。

ギムネマは、インドでは、「糖を壊すもの」という意味をもつ「グルマール」という名で呼ばれるハーブです。

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダでは、2000年以上も前から薬効が注目されていたハーブです。

ギムネマの効果

ギムネマは葉を噛むと甘味を感じにくくさせる作用があることで知られています。血糖値の上昇や脂肪の蓄積を抑制する働きがあるため、肥満予防のためのハーブティーやサプリメントとして利用されることの多い成分です。

19世紀の半ばには、インドに駐在していたイギリス人将校が、ギムネマの甘味を消す不思議な作用についてイギリス本国に報告したことをきっかけに、ギムネマが研究されるようになりました。

その後、フーパーというイギリスの化学者が、ギムネマの葉から甘味を抑える物質の抽出に成功し、その物質を「ギムネマ酸」と命名しました。

このギムネマ酸の働きにより、一時的に砂糖などの甘味を感じにくくなるようです。

ギムネマ酸には、グルクロン酸というブドウ糖によく似た構造の物質が含まれています。

グルクロン酸が舌の味蕾(みらい)にある甘味を感じる部分に結合して、その感覚を麻痺させることで甘味を感じなくなるのです。

また、不思議なことにギムネマ酸は甘味に対してのみ作用し、苦味や酸味、塩味には影響しないのです。

さらに、ギムネマは小腸での糖の吸収を抑える効果があります。

このような特徴を持っているため、ギムネマは肥満を予防するための素材として利用されることが多いのです。

ギムネマを摂取する方法としては、ギムネマの葉を乾燥させてハーブティーとして飲んだり、ギムネマから抽出された成分を配合したサプリメントとして利用します。

ギムネマを効果的に摂取するには

ギムネマは食事に含まれる糖質の吸収を抑える働きがあるため、食事の前に摂取する食後の血糖値の急上昇を抑えてくれます。

糖尿病患者さんの場合は、ギムネマを摂取するとき、かかりつけのお医者さんへ相談したほうがいいかもしれません。

さらに、ギムネマには虫歯を予防する効果もあるみたいです。甘いものを感じなくなるからでしょうか。

糖質の吸収を緩やかにすることでHbA1C値を下げたいという人はギムネマサプリもおすすめです。

DHCのギムネマを購入するにはこちらから