糖尿病と言われたら、また健康診断で血糖値が高いと言われたら、病院に行くことは大切なことです。

しかし、糖尿病は、病院に行ったからといって改善する病気ではありません。

風邪などの急性疾患のように対症療法を行って、後安にしておけば治る病気ではないのです。

病院で処方される血糖降下薬やインスリン治療は、高い血糖値を下げる対症療法です。

もちろん糖尿病においても、対症療法が重要なことは当然です。

血糖値が高い状態が続けば、血管をどんどん傷つけてしまいますし、インスリンを分泌するすい臓も疲弊してしまいます。

それらを防ぐために、薬やインスリンは必要です。

しかしこれは根本治療ではありません。

薬やインスリンで、血糖値が下がっていることは、根本的解決にはなっていないのです。

血糖値が異常な数値に上がらないような体にすることが、糖尿病の根本治療なのです。

糖尿病の根本治療とは

糖尿病を根本的に治療するには、正しい食事、運動、休養とそのタイミングを身につけることが必要です。

しかしそのような重要な方法を、病院では教えてくれないのです。

ほとんどは、食事と運動に気をつけて体重を落として下さいねと言われるくらいです。

確かに、体重が減れば、結果的に血糖値が下がることが多いので、やせることができる人であれば、この生活指導だけで十分かもしれません。

しかし本当に重要なことは、どんな食事が、どんな運動が、やせるのか、血糖値を下げるのかを理解することです。

しかし病院ではそこまで詳しく教えてくれません。

医者にとって、食事や運動のことは、本業ではありません。ちなみに日本の大学の医学では、栄養学を勉強する時間はとられていないのです。

糖尿病の治療は病院に行って医者任せにするのではなく、自分でライフスタイルを変える努力をしなければならないということです。

糖尿病の根本的治療行うためには、正しい食事、運動、休養とそのタイミングを身につけることが必要なわけですから、いまのあなたのライフスタイルを多少なりとも変えなくてはなりません。

これを実行するのは自分しかいないのです。