アディポネクチンとは、脂肪細胞が分泌するホルモンのこと

脂肪を燃焼してインスリンの働きをサポートし、血糖値を改善する働きがあります。

さらに、最近の研究では、血管を修復したり、脳に作用し、食欲やエネルギー代謝を調節するメカニズムがあることがわかってきています。

究極の善玉ホルモンとも言われています。

インスリン抵抗性とは

血糖値が高いと悩む人の多くはインスリン抵抗性を発症しています。インスリン抵抗性とは、インスリンは分泌されていても、それを体が上手に利用できなくなっている状態です。

インスリン抵抗性が起きる大きな要因は、高カロリーの食事、運動不足などによる内臓脂肪型肥満なのです。

インスリン抵抗性の大きな要因は、脂肪細胞が肥大して善玉ホルモンのアディポネクチンが分泌されなくなることなんです。

マウスを使った実験でも、アディポネクチンの分泌が低下している2型糖尿病のマウスにアディポネクチンを補充すると、糖尿病は改善することが確認されています。

今では、アディポネクチンが肝臓や筋肉などの細胞で、どのようにインスリン感受性を向上させてるのかを解明する研究が進められています。

肥満が原因でアディポネクチンの分泌が低下し、インスリン抵抗性の原因となることを、東京大学大学院医学系研究科教授が世界に発表しました。

アディポネクチンには食欲を増進する作用と抑制する作用があります

アディポネクチンは、食欲を増進する作用と抑制する作用の両方があり、相矛盾するこの働きが、どんな条件で切り替わるのか実験をしたチームがあります。

自治医科大学などの研究チームは、血糖値(グルコース濃度)の高低によって、アディポネクチンの作用が食欲の増進と抑制に切り替わることを発見しました。

この研究は、同大学医学部統合生理学部門の矢田俊彦教授と須山成朝助教、東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科の門脇孝教授と窪田直人博士らの研究グループによるものです。研究成果は、科学誌「Scientific Reports」に発表されています。

研究チームは、ラットに丸1日えさを与えないと、ナトリウム―カリウムポンプという酵素の働きが低下するが、酵素の働きを高めると、空腹状態のラットでも食べる量が減ることを確認しました。

血糖値が低い状態では、アディポネクチンは視床下部の「弓状核POMCニューロン」を活性化します。

これに対応し、低血糖時にアディポネクチンを脳室内へ投与すると食べる量が減少するのです。

この働きにより、空腹時の過剰な食欲を抑制しているのではないかと考えられています。

逆に、血糖値が高い状態では、アディポネクチンはPOMCニューロンを抑制します。

すると、グルコースと同時に投与したアディポネクチンは食欲を増進しました。

食欲を抑えるには血糖値が低い時にアディポネクチンを投与する

今回の研究により、血糖値の高低によりアディポネクチンの働きが正反対に変化することが明らかになりました。

アディポネクチンのこのような働きは、飢餓の時代を生き延びるためには必要でした。しかし現代では、2型糖尿病の増加という結果を引き起こしています。

善玉ホルモンであるアディポネクチンの効果を得るためには、肥満を解消することが必要です。